Posts Tagged ‘煩悩’

年が明けたと思ったら、もう、年末が近づいてまいりました。

年末の時代劇で、よく放映されるのが『忠臣蔵』。日本人に大人気です。
江戸時代に起きた大事件ではありますが、現代版の『忠臣蔵』は、私たちの日常でも起こりうる悲劇といえるでしょう。

何でもない日常が、地獄となってしまう悲劇を知らされる話です。どんなことが起きたのか、振り返ってみましょう。

元禄14年3月14日。江戸城、松の廊下に、鮮血がほとばしった。

35歳の浅野内匠頭が、突然、
「おのれ! この恨み……」
と叫んで、61歳の吉良上野介に斬りかかったのでした。

抜いてはならぬところで刀を抜かせたのは、浅野内匠頭の怒りの心でした。

「ここで刀を抜いたら、わが身は切腹、家名は断絶が掟」とは、百も千も承知していましたが、浅野内匠頭は、やってしまったのです。

なぜ、怒りを抑えることができなかったのでしょうか。

浅野内匠頭は、赤穂藩5万3千石の大名。わずか9歳で3代藩主となり、「殿様」としての教育を受けてきました。常にトップであり、他人に頭を下げることなど、ほとんどない境遇で育ってきたのです。

刃を向けられた吉良上野介のことを、時代劇では「高家筆頭」と呼んだりしますが、「高家」とは、幕府の儀式・典礼を司る役職のことです。上野介は、高家のトップで、高い官位を持っていました。しかも、吉良家は鎌倉時代から続く名門であり、気位の高い人物であったといいます。

江戸城では、毎年3月に、京都から朝廷の使者(勅使)を迎えて盛大な儀式が行われます。
2人の衝突は、浅野内匠頭が、この年の「勅使饗応役」に任命されたことに始まります。饗応役とは、一行の出迎え、食事、宿泊などの接待係だ。名誉ともいえるが、一切の経費は担当する大名が負担することになっていました。しかも、粗相があっては幕府の威信にかかわるので、絶対に失敗は許されません。大名にとっては、実に頭の痛い任務だったのです。

内匠頭は、一度は、幕府に対して、
「私は格式や儀礼を、よくわきまえておりません。まして若輩の身です。何とぞ、この任務は、別の者に任命していただけないでしょうか」
と辞退を申し出ました。しかし、次のように諭されています。
「その心配は要らぬ。毎年、饗応役に命じられた者は、皆、吉良上野介の指南を受けて、滞りなく務めておる。そなたも、すべて、上野介の指図に従えばよいのだ」
つまり、吉良上野介は、浅野内匠頭が、ミスをしないように、指導、監督する立場にあったのです。

このようなところから、いったい、どのようにあの地獄の悲劇に展開していったのか、次回に続きます。

Tags : ,