Posts Tagged ‘十悪’

どんな結果にも必ず原因があります。私たちの身の上に引き起こることも例外はありません。
では、不幸や災難といったこの世の地獄を引き起こすおそろしい原因となるのは、どんなことでしょうか?

仏教では、私たちのやる悪い行為である、と教えられます。
仏教では、私たちの犯すいろいろの罪悪をまとめて十悪と教えられています。

これまで、貪欲(欲の心)、瞋恚(怒りの心)について話をしてきました。

今回は、心で造る罪悪の3つ目、「愚痴」について解説しましょう。

限りない欲望が妨げられた時に出るのが瞋恚、怒りの心ですが、怒ってみてもとてもかなわぬ相手と知ると、ねたみそねみ、恨みの愚痴の心がわき上がってきます。

世間では、言ってもどうにもならぬことを言って嘆くことを「愚痴をこぼす」とか「愚痴る」と使っていますが、元は仏教の言葉です。

仏教で愚痴とはどんな意味でしょう。

「愚」は愚か。
「痴」は知恵が病だれの中に入っていますから、頭が入院しているということで、これも馬鹿ということです。

愚かで馬鹿な心とは、

「まいたタネは必ず生える。善いも悪いも、現れる結果の一切は、自分のまいたタネばかり」

という因果の道理が分からず、他人の幸せをねたんだり、そねんだりする心です。
大宇宙の真理の分からない、醜い心ですから、黒鬼に例えられます。

勝るをねたむ愚痴の心は、反対に、他人の不幸を見ると喜ぶヤツです。

毒舌家のA・ビアスは、「幸福とは、他人の不幸を見てよろこぶ快感」と『悪魔の辞典』に書いています。

電車に乗り込もうと一生懸命走ってきた人が、目の前でドアが閉まってぶつかったら、ククッとほくそえむ心はないでしょうか。

着飾った女性が車の泥はねで泣きだしそうなのを楽しんでいます。

火事場に向かう途中で鎮火したと聞くとガッカリする心はありませんか。

旅先の火事は大きいほど面白い。

不謹慎であってはならないと思う下から、対岸の火事を楽しむ心がムクムクと出てきます。

ねたみ、そねみのいやらしさは、見ただけでゾッとしますから、ヘビやサソリのような心だ、と親鸞聖人はおっしゃっています。

出世したとか結婚したとか新築など、他人の幸せはみんなしゃくのタネ。

失敗したとか離婚とか、他人の不幸を聞くと心の中はニヤリとする。

思っていることを洗いざらい、さらけ出したらどうでしょう。

「悪魔!」と叫んでみんな逃げ出すのではないでしょうか。

思っているだけなら相手にわからないから大丈夫だろう、と思うのは大間違いです。「思う」のも行為であり、この世の地獄を生み出すおそろしい種まきです。

よく自分の心を見つめ、深く反省することが大切です。

Tags : , ,

地獄を生み出す恐ろしい種まきを、仏教では悪い行為として、詳しく教えられています。
私たちは日々、いろいろの罪悪を犯して生きていますが、それを10にまとめて教えられたのが十悪です。

前回から、心で犯す罪悪の2番目に教えられる「瞋恚(しんに)」について話をしています。

瞋恚とは怒りの心のことです。欲が邪魔されるとカッとなりますが、その心のことです。

あいつのせいで儲け損なった、こいつのせいで恥かかせられたと、欲が邪魔されると、怒りの心が燃え上がります。

以前、こんな事件があり、新聞に載っていました。
「接客態度が悪い」などと何度もクレームをつけてきた客を、ある牛丼店店長が包丁で刺殺したのです。プライド(名誉欲)を傷つけられた怒りは狂気の炎となり、前後の見境もなく暴挙に走らせ、このような恐ろしい行為をさせたのでしょう。

また、福岡県の臨済宗の寺院でのことです。その寺が放火に遭い、犯人を捕まえたところ、何と、捕まったのは、その寺の“修行僧”でした。
「日ごろのうっぷんがたまっていた」と、その“修行僧”は供述したといいます。
「座禅」で煩悩の火を消すどころか、自分の寺に火をつけてしまうとは、まことに恐ろしいのは瞋恚の猛炎です。

離婚話にカッとなった男が、部屋に灯油をまき、火をつけ、妻も子供も焼き払った事件がありましたが、そのような残虐な行為も、この瞋恚の心のなせる業です。

地獄は死後のみ、架空のおとぎ話とばかり思っていたらとんでもないことです。
恐ろしい行為が、恐ろしい地獄をこの世から生み出し、そして死後も、自らの業が生み出した苦しみの世界(地獄)へと堕ちていかねばならないのです。

Tags : , ,

仏教では、私たちの犯すいろいろの罪悪をまとめて、十悪を教えられています。

その十悪の最初にあげられる貪欲(とんよく)について、これまで解説をしてきました。

その欲が妨げられると、出てくるのが瞋恚(しんに)、怒りの心です。

「怒」という字は、心の上に奴と書きます。あの奴のせいで儲け損なった、この奴のせいで恥かかせられたと、怒りの炎が燃え上がり、真っ赤になるから、赤鬼にたとえられています。

私たちが、瞋恚の炎に燃え上がった時の心は、そのままが赤鬼であり、教養も学問も焼き払い、前後を見失い、怒りの衝動のままに動きます。

これで、一生をフイにするのです。一万円札を束にして、火の中へ投げ込むようなものです。
怒ることがいかに恐ろしいことであることは、次の事実でも分かります。

上野の動物園にいたカバが、妊娠して、園内の人々は、その安産を祈っていたが、やがて生まれてきた子は死んでいたので、失望した。
その原因を調べたところ妊娠中に、他の部屋へ移した折、どう思ったか、カバは大変、怒ったそうである。それが、胎児を死に至らしめた原因だということが、判然としたのである。
カバも、馬鹿なことをしたものだ、と新聞記事に載ったことがあった。

新聞に、よく、街道で喧嘩口論を始め、なぐり合おうとした時にパッタリ仆れて死んだ、という記事がのっているが、瞋恚は、私たちの生命を縮める恐ろしいものである。

瞋恚は、自分より目上の人に対しては恨みとなり、目下の者に向かっては、憤怒となります。
カッと怒った炎は、他を焼き、自らをも焼きつくすのです。
親でも兄弟でも、妻子朋友でも、殺して平気な、恐ろしい心、これが瞋恚です。

Tags : , ,