Archive for the ‘極楽と天国について/地獄極楽’ Category

親鸞会でも地獄、極楽について教えられていますが、地獄、極楽って実際のところなんなのでしょう?
すくなくとも「極楽」と「天国」は違いますし、キリスト教でいわれる「煉獄」という世界と「地獄」も違うものです。
そのことについて少しずつ書いていきたいと思います。

地獄には、この世の自業苦と死んでからの地獄があるといわれますが、まず、この世の地獄(自業苦)について書いています。

この世の地獄(自業苦)を四苦八苦で教えられていますが、その6番目は怨憎会苦です。

これは嫌な人、憎らしい人、きらいな人と会わねばならないという苦しみです。
人間関係の悩みというのはいつの時代も変わらず、家庭内、職場、学校、などなど深刻な悩みはつきものです。
なかにはイジメにあって自殺してしまう人もあるくらいです。
肉体の傷はまだ治せるが、心の傷はなかなか治せない、といわれますが、嫌いな人から嫌味をいわれたり、皮肉やら、冷たい言葉をかけられると、一日、いやずっと嫌な思いをしてしまう人は決して少なくないでしょう。
まさにこの世の地獄です。

この生きにくい人生を親鸞聖人の教行信証には“難度海”と書かれています。
苦しみの波が次から次へとやってくる、渡り難い海のようなところが人生だと言われているのです。
その難度海の人生を明るく楽しく渡しきる、大きな船があることを教行信証の冒頭には

「難思の弘誓は難度海を度する大船」

とハッキリ書かれているのです。
親鸞会の講演会ではよくこの話がなされています。
どういう意味なのかは、またの機会に書きたいと思います。

地獄と極楽について交互に書いています。
今日は「極楽」の第一回目です。

極楽は天国と同義に考えられていますが、天国とは違い、極楽は仏教用語で阿弥陀仏の浄土を指しています。
では、極楽はどこにあるのでしょう?
阿弥陀経には「西方十万億の仏土(仏の世界)にを越えたところにある」と極楽について説かれています。

なぜ西方に極楽があるのか?
西は、太陽が沈むところ、これが生きとし生けるものすべてが最後たどり着くところ、すなわち往生した後の極楽を象徴しているといわれます。
仏法は「四生の終帰」といわれますが、四生(生きとし生けるものすべて)が最後、帰するところ、それが極楽浄土なのです。

「西方十万億の仏土」の極楽についてこんな話があります。

ある所に和尚と小僧の二人暮しの寺があった。その小僧は和尚のいいつけで毎日毎日トウフを買いに出た。寺の前にある古道具屋のおやじがその小僧にいつも尋ねた。
「小僧どこへ行くのかい」
「トウフ買いに行く」
「毎日毎日トウフばかりじゃないか」
小僧は古道具屋のおやじの質問に閉口してしまい、ある日のこと和尚に、「もうトウフを買いに行くのはいやです」と断った。それに対して和尚は、同じように尋ねられたら「西方十万億の仏土、極楽浄土に行く」と答えなさいと小僧に知恵をさずけた。
和尚の言う通り小僧は、答えた。するとそのおやじ、「何しに行くのじゃ」と質問してきた。その時小僧は思わず、「トウフ買いに行く」と答えて、折角の苦心もばれてしまった。

極楽についての言葉は教えられて知っていても、意味を知らねばなりませんね。